1-アザトリエンの末端炭素原子と窒素原子が結合してピリジン誘導体を与える反応を6π-アザ電子環状反応と呼ぶ-安い商品

スリットからの伝搬距離の関係を示す概念図(干渉縞についてはシュミレーション結果)を示しています陽電子を放出する陽電子放出核種(放射性同位体の一種)をプローブとして

1-アザトリエンの末端炭素原子と窒素原子が結合してピリジン誘導体を与える反応を6π-アザ電子環状反応と呼ぶ-安い商品

加工だけでなく走査顕微鏡像を観察することも可能

ファインマンの時代には思考実験と考えられていた電子線による二重スリット実験は

 東京生活に慣れるどころか、日に日に故郷への思いが募る二人でした。。。。
そんな二人の思いが伝わってしまったのか、東京の空も台風の影響で荒れ模様。。。。。

しかし、そこにも小さな幸せが、見え隠れするのでした。。。

なんと、ちんちゃんがあの懐かしの五木のソフト麺を!

ゴリ「コックちゃん!!!!!!!!見てん、ナポリタンばいっ!五木のナポリタンばいっ!DIMG0304.gifああ。。。。懐かしか~っ!
見てんっ。ぴしゃ~っと、ウインナーとケチャップば入っとてから 匂いのよか~~っ!
こりゃ美味かろー。こりゃ、はよ食ぶるばいっ!!!!1FL1425.gifDIMG0285.gif

コック「あんた、べたべたのちっこ弁(筑後弁)やね。いっちょん東京に慣れんでから。。。。。
ほんなこ、匂いのよか~。。。。ばってんこりゃ二人分のごた。」
いやらしか~。あんた、ひろひろしてから。。。。。」

量子力学的な重ね合わせ状態を利用して計算を行う技術

大好きなナポリンを目の前にして、テンション上がり過ぎのお二人さん。
あまりにもキツい方言なので、今回は訳を入れたいと思います。

サンプル量が微量なためRNA発現解析が困難だった嗅覚受容体遺伝子の
ゴリ「コックちゃん!!!!!!見て、ナポリタンだよ!五木のナポリタンだってば!DIMG0304.gif
うわ。。。。懐かしいね!
見て!ちゃんと、ウインナーとケッチャップいりだよ。匂いもとってもいいよ!
これは、美味しいよ!!早く食べようよ」

コック「あなたの、筑後の訛はキツいね。ほんと、東京になれないよね。。。
でも、本当に匂いがいいね。。。でも、これ二人分だから。
ちょっといやしいわよ、落ち着きがなくて、目が泳いでるよ。。。。。」
てな感じでしょうか?
端電流を用いた新しい機能性創出の研究が進められています

とにかく二人は、興奮してます!!
このナポリタンいただけるのか??!!
薄膜試料に対して垂直方向に強い外部磁場(~-2T)を加えて
コメント

» この記事へのコメントを見る・書く

コメントする
カルシウム振動が生み出されるメカニズムを説明する新たな知見
集束イオンビーム(FIB)加工装置を用いて電子線に適した二重スリット この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。

» この記事へのトラックバックを見る

JUGEMおすすめブログ